稲垣吾郎さんの星回り

ブログ更新が滞っている間にすっかり過去の話題になってしまった感がありますが、ずっと書きたい事がありました。それは元SMAP・稲垣吾郎さんの星回りについて。私はメンバーの中で最も長期的に活躍しそうなのは稲垣吾郎さんだと予想しています。理由は、メンバーの中で一番品よく歳を取りそうだから。それから、主役じゃなくちゃダメなどといった制約がなさそうなのと、出演作がヒットしなかった場合に共演者が「戦犯」にされている印象がないので、キャスティングや共演を嫌がられる事が少なそうだから。草刈正雄さんのような、端正な印象ながらどこかおちゃめな(気軽にいじっても大丈夫そうな)おじさんになるのでは。また、逮捕後の謝罪会見や解散騒動の時にあまりダメージを受けていないように見えたのでメンタルの強さも特徴のような気がします。

というわけで。生年月日はWikipedia参照、出生地はネット情報から東京都板橋区と設定、出生時間は分からなかったので0時としました。

稲垣吾郎さんホロ.png

※鏡リュウジ著「鏡リュウジ 星のワークブック」(講談社)付属CD-Rで作成

総合


スクエアを形成する惑星が目立ちます。中でも水星は2つの惑星とスクエアを形成しています。この事から、知性や言語表現に優れるがそれを思うように発揮できず、自分のおかれた環境とそれに対して心の中で思っている事が調和しづらい方なのでは。加えて南中点に土星があるので、試練に打ち勝つことが人生の大きなテーマとなります。このテーマこそ「どんな環境にあっても知性と言語能力を発揮する事」ではないでしょうか。


文筆業どうでしょうか


占いとは関係なくただ一テレビ視聴者として、SMAP解散騒動が起きた時、私は吾郎ちゃん(親しみをこめてこう書かせてもらいます)はアイドルを続けるよりも雑誌で映画評の連載を持ったり、ヨーロッパにでも留学してソムリエの資格でも取ったらいいんじゃないと思いました。端正な外見にどこかとぼけた雰囲気、というギャップが持ち味の人だと思うので、芸能界のど真ん中にいなくても輝く気がします。むしろちょっと変わった方向へ行った方が面白そう。
映画評にしてもソムリエにしても、言語表現が大きな要素となっています。それを司る水星について少し詳しく見てみます。
水星は第3ハウスの蠍座に入っています。これは、その人が知的好奇心旺盛で勉強熱心な人である事を表します。これだと思った事は深く探求するので、専門家なみの知識を身につける事もできそうです。この位置に水星がある人は、自ら意識的に知的好奇心を刺激する事でいきいきとした人生を送れるでしょう。読書や映画鑑賞は手軽にできていいですね。また、水星は、自分の知識や考えを人に伝える事も得意になりやすい位置にもあります。だから文筆業の適性も十分ありそうです。
ところが水星は火星・天王星とスクエアを形成しています。特に火星は、稲垣さんがカッとなると自制心を失いやすい事や、目標を定めるとそこにのめり込んで周りが見えなくなる事を暗示しています。これが水星が象徴するものと葛藤を生みます。例えば、頭の中に知識やいいアイディアがあっても、ちょっとした不注意でそれを実現するチャンスを逃してしまったり。でも一般人ではないので、良いスタッフやマネージャーさんをつける事でリスク管理ができそうだからいいですね。これからもぜひ活躍してほしいです。


簡単ではありますが、時間がないので今回はこんなところで。

この記事へのコメント

個人鑑定はヤフオクからお申込みになれます。fortune_monakaの出品リストよりご希望のコースをご購入下さい。ご利用お待ちしています。
ブログランキングに参加しています。クリックお願い致します!
タロット占い ブログランキングへ